どれだけ効果あるのか検証!!1日1食ダイエットをはじめてみるよ♪

1日1食ダイエットを始めることにしました。

1日1食ダイエットを始めようとした理由は

  1. 40代になって食欲が落ちたこと
  2. 朝ご飯を食べると昼までお腹が空かないことが多い
  3. 無理に食事をすると胃が重くなる
  4. 普段からお腹が空くということがない
  5. とにかく痩せたい(特にお腹周り…)

職場で私と同じ40代の人達がいるのですが、みなスッキリとした体形ということ。自分だけ太っているのは嫌なこと。特にお腹まわりにお肉がついてきているので、洋服のオシャレを楽しめない、理由から1日1食ダイエットをはじめようと思いました。年齢とともに、1日にする食事の量も減ってきたので、少ない食事なら自分が好きなもの、食べたいものを満足するだけ食べてみたい♪とも思ったからです^^

朝フルーツダイエットで痩せた経験があった

数年前に朝フルーツを食べるダイエットをしたことがあるのですが、昼の12時までは排泄の時間なので、食事はしないほうがいいこと。朝フルーツにしただけで簡単に3、4キロ痩せたことがありました。(しかも空腹のストレスもあまり感じず…)朝フルーツダイエットをしていたときは、身体も軽く爽快で体調も良かったです…。

仕事上、忙しくて昼食をとる時間がない

飲食店に勤務しているので、昼食の時間に食事をすることが難しいこと。いつもお昼は夕方にとっている感じです。遅めの昼食をとり、家族とともに夕食をとるのがきついこと。遅い昼食をとるくらいならお昼を抜いて、夕飯にしっかり食べるほうがいいのでは?と思いました。

1日1食にすることで(飢餓の状態になると)サーチュイン遺伝子が活性化するとも言われています。サーチュイン遺伝子は空腹状態に置かれたとき、人間の体内に存在している60兆の細胞の中にある遺伝子をすべてスキャンして、壊れたり傷ついたりしている遺伝子を修復してくれるということが明らかになったとか。サーチュイン遺伝子は寿命だけでなく、同時に老化を食い止める働きがあることを示しているとか。

サーチュイン遺伝子が活性化することで、少ない量の食事でも栄養を完全に吸収するようになること。少ない食事になる分、内臓の負担も軽減されること。1日1食にすることでサーチュイン遺伝子が活性化して、若返りが期待できると聞いたこと。

40代後半になり、外見のコンプレックスも出てきたので、少しでも身体が若返ることができるのなら、と1日1食にチャレンジしてみようと思いました。

1日1食と言えば、南雲先生でしょ、ということで楽天で本を買ってみました♪

買ったのは『「空腹」が人を健康にする』南雲吉則先生の本です。

「空腹」が人を健康にする 「一日一食」で20歳若返る! (サンマーク文庫) [ 南雲吉則 ]

1日1食で自分の身体がどこまで変わるか楽しみながら実践しようと思います^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする