先日から始めた1日1食。なかなかいい感じです。

1日1食を始める前の食生活といえば、

朝は必ず8枚切りのトースト2枚に目玉焼きにコーヒー。昼は仕事から帰ってきてから夕方に、ストレスでドカンと食べてしまうことが多いこと。夕飯は子どもたちと一緒に食べること

こんな生活から1日1食にして、朝は食べない(水か麦茶のみ)昼は小腹が減っていれば、soyjoyもしくはナッツ類、チーズ。夜は家族と一緒に普通食にしています。


「空腹」が人を健康にする 「一日一食」で20歳若返る! (サンマーク文庫) [ 南雲吉則 ]

1日1食で辛いと思ったこと

日によって1日1食だと辛いときがある。日によって1日1食だと辛いときがある。お昼にお腹が空いているわけではないが、パワー不足で力が出ないことが何回かありました。お腹が空いていないのに食べてしまうことに罪悪感を感じてしまうこと。

1日1食にするのは健康で働きやすい身体になるためであって、ふらふらでパワー不足なら食事をすることも必要なんだということ。私の場合、立ち仕事なので、デスクワークと違ってエネルギーを消費するのだと思います。(南雲氏も絶対に1日1食にしているわけではなく、朝からお腹が空いたら野菜サンドを食べたり、ちょっとお腹が空いたらフルーツや小魚などを食べているようです)

ダイエットはストレスなく長く続けることに意味があるので、数値ばかりとらわれてしまったり、絶対に守らなきゃとルールを厳しくするのではなく、ちょっとゆるいくらいのルールのほうがいいのかもしれません。

1日1.5食、1日2食から始めてみるのがいいのかもしれない…

『空腹は人を健康にする』の中でも、南雲氏は最初から1日1食にするのではなく、一汁一菜で1日3食から始めるのがいい、と言っています。私の場合、もともと1日2食だったので、簡単に1日1食にできる♪と思ったのですが、日を追うごとに辛く感じることも出てきました。

無理なく1日1食にするためにも、1日1.5食や2食から始めてみるのがいいのかもしれません…。

なかなかお腹がならないと思ったのですが、昨日の夕方初めてお腹がぐるぐるぐると3回ほどなりました^^やっと空腹になった♪と嬉しかったです。大人になってからお腹が鳴るまで何も食べない、ということがなかったこと。お腹が空いてから食べる食事は格別ですね。

1日1食をはじめて良かったこと

睡眠時間が短時間になったこと。私はロングスリーパーで、昔から睡眠時間だけは長かったです。疲れると10時間以上寝る日もあるほど…。ところが1日1食をはじめてから夜の12時前に寝ても、朝の4時半頃にはスッキリと目が覚めます。

身体がだるい、重たいということもないこと。長時間立ち仕事をしても、だるい疲れた~、と思わなくなったこと。集中力高まったこと。食事の量を減らして胃腸の負担を減らしたことで、身体が楽になったのかもしれません。疲れにくくなった、短時間睡眠になったことは嬉しいことです。(時間の有効活用ができます。朝、仕事前にこうしてブログを書くことができるのも、1日1食のおかげです)

お昼にお蕎麦を食べたとき、ナッツ類を食べたとき身体の調子が良かった

1日1食をはじめてから午後に仕事が入っていたことがあったので、お昼少し前にお蕎麦1束をゆでて、ゆでたマイタケと長ネギをのせ冷たいそばとして食べました。今までだったら、そばを1束それも肉なしで食べてもお腹にたまらない、と思っていたのですが、そばを食べただけで身体にエネルギーがみなぎりました。

ナッツ類を食べると、お通じが良くなります♪特にアーモンドはダイエット、美容効果もあるので、おやつとして食べていいことがたくさんです。

アーモンドはドラッグストアで1袋25粒ほど入って100円ほどするのですが、楽天で人気のアーモンドを見つけたので買ってみようと思います♪

▼楽天市場美味しさは元気の源 【自然の館】の素焼きアーモンド


素焼きアーモンド 1kg 無添加 送料無料 アーモンド ナッツ おつまみ 無塩 (食塩・砂糖不使用) 無油 (ノンオイル) 無添加 (素焼き) ロースト アーモンド(Almond) おやつ

 

健康的に痩せるだけでなく、キレイになりたい私。1日1食を楽しみながら続けていこうと思います♪

 

■痩せてキレイになってやりたいこと

今まで着られなかったような、かわいい洋服を買うことができる♪

(どんな洋服でも体形を気にせず着られるようになる)

お腹のポッコリが気になって履けなかったジーンズを履くことができる♪

美肌になることでメイクも楽しむことができるようになった♪